銀行系カードローンなら専業主婦でもお金を借りられる!

専業主婦がお金を借りる方法として、銀行系カードローンがあります。

 

キャッシングの際の選択肢として消費者金融がありますが、消費者金融では貸付額を年収の3分の1までに制限する、総量規制法という法律があります。パートをしている主婦であれば年収があるので、消費者金融でもお金を借りることが出来ます。しかし、専業主婦は働いておらず年収がないので、総量規制対象となってしまうのです。そのため消費者金融でお金を借りることが出来ません。

 

銀行は銀行法での運営をしているので、専業主婦でも総量規制に関係なく、カードローンを利用してお金を借りることが出来ます。銀行系カードローンでも、消費者金融と同じように最短で融資を受けることのできる銀行もあります。そして、消費者金融よりも低金利で借り入れができることが多いため、収入がない専業主婦でも少ない負担で利用することが出来ます。銀行系カードローンの申し込みには配偶者の収入証明や配偶者に関する書類は必要なく、インターネットで契約が出来るものもあります。契約後、利用中の期間でもカードローン会社から配偶者に連絡が来ることはないので、家族に知られずに借り入れをしたい場合にも安心の方法といえます。