祖母(おばあちゃん)からお金を借りる時に注意すること

金銭的に厳しい状況になった場合には、身内を頼るという方法もあります。祖母や旦那、兄弟、子供など人によっては頼る方も多いケースもありますが、友人や知人、職場に金銭的な面で苦しい状況を知られたくなければ、身内で解決するというのは一つの方法です。ただし、身内だからといって都合よく貸してくれるとは限りません。また、金額によっても貸す側から嫌がられてしまうこともあります。

 

無理なく借りられる額ならばいいですが、あまりに高額だとまともに話を取り合ってくれない可能性もでてきます。状況によってはしっかりと身内に事情を話して納得してもらいお金を借りるか、身内のうちおばあちゃんをはじめ、複数人から少しずつお金を工面してもらうなどその時の状況に応じて交渉してみることも大切です。

 

また、お金を借りた場合にはきちんと返すことも重要です。借りる際にどのようなプランで返済するかという点をしっかりと説明しておききちんと約束通り返済する必要があります。約束を破り返済しなければ身内同士でいろいろとトラブルが生じてしまう可能性もでてくるため、そのような事態を招かないようにきちんと返済をし、その後生活状況を安定させることが重要です。

 

身内以外の身近な人(知人や先輩、友達)にお金を借りるなら

急にお金が必要な場合に、身近な人からお金を借りるというのも有効な手段といえるでしょう。知人や先輩、友達などを頼るというのもいいですが、異性の恋人から貸してもらうというのも手段の一つです。その他にも同僚や上司といった職場関係で借りるという方法もあります。

 

ただし、身内でないため情報がほかに漏れやすいという点は注意が必要です。基本的にお金に困っているということを周囲に対してはばれたくないと考える方が大半でしょう。そのため、信頼のおける人物に貸してもらうことがポイントといえます。口がかたい、もしくはあまり多くの人とかかわりを持たないタイプの方などに的をしぼり借りることでその人以外に自分がお金を借りているということが周囲にばれるという確率はかなり低くなります。また、身近な存在、親しい間柄であってもきちんとお金を借りたら返すのも常識です。

 

きちんと定期的に返済、もしくはまとめて返済することも大切なことだといえます。人間関係でトラブルを起こしやすいのも金銭面でのトラブルです。そのため、比較的簡単に借りられたからといって返済をいい加減にしているとその後トラブルに発展する可能性も秘めているため、しっかりと返済を行いましょう。"