自営業やフリーランスがお金を借りる方法とは

法人格を持たない個人事業主にとって大きな課題となるのが事業資金の調達で、自営業者が店舗やオフィスを構えるケースはもちろんのこと、フリーランスが独立起業する際のスタートアップ資金などがあります。法人格として登記をしている場合には事業資金ために銀行などから融資を受けることも可能ですが、個人事業主はそのような訳にも行かず資金繰りに窮することも少なくありません。

 

個人でお金を借りるにはカードローンや消費者金融などいくつかの手段がありますが、使い道が生活資金などに限定されており事業資金に利用することはできませんでした。そんな中で一部の金融機関では個人事業主専用のカードローンを開始し、事業資金として利用することが可能となりました。

 

個人向けのカードローンと大きく異なるのは年収の3分の1しか借り入れができない総量規制の対象にならないだけではなく、事業の経営状態も審査の対象となるため今後の成長や収益が見込めると判断された場合には総量規制の枠を超えて融資が受けられるというものです。これらのサービスで調達した資金を有効活用し、個人事業主が経営している事業の拡大に大きな役割を果たし成功へと導く事例が増えています。